上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
眠れなかったので、ニュースを見ていたら…。

業績の論文、掲載確認できず=男性助教、盗用指摘も-東大が調査
11月9日22時40分配信 時事通信

 東京大大学院工学系研究科の男性助教(36)が宇宙航空研究開発機構に在籍中、自己の業績として報告した論文の中に、この助教のものではない論文が含まれていたり、学術誌への掲載が確認できなかったりするものがあることが9日、関係者への取材で分かった。このほか、文部科学省の補助金を受けて書かれた論文にも盗用の指摘があり、東京大が調べている。 


という記事を見つけました。

個人的には真偽のほどもわかりませんし、
何とも言えないのですが…。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー

2009.11.10 Tue l ニュースから l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日、こんなニュースを見つけました。

<消化器がん>少量の血液で9割検出 金沢大グループ開発
11月20日5時0分配信 毎日新聞

 少量の血液から遺伝子群の変化を調べ、従来より極めて高い確率で消化器がんを診断できる方法を、金沢大の金子周一教授(消化器内科)らのグループが開発、19日に発表した。血液を用いた従来の方法ではがんを検出する確率は20%程度だが、9割にまで上げることができ、人間ドックや健康診断に導入すれば早期発見につながる。同大学は既に特許を出願しており、来年には検診に応用したいとしている。

 金子教授らは、胃、大腸、膵臓(すいぞう)の消化器がんの患者約50人の血液を解析。一定の遺伝子群に、働きが活発になるなど変化が見られることを突き止めた。この遺伝子群に着目し、別の消化器がん患者53人の血液を検査したところ、9割にあたる48人の遺伝子群が同様のパターンを示していた。検診で応用する際には、約800種類の遺伝子群に的を絞り、血液のRNA(リボ核酸)に蛍光試薬を加えて反応のパターンを調べる。必要な血液は2・5CCで済み、結果は3、4日で出せる。

 血液を用いたがん検査は従来、がんの発生で出現する物質(腫瘍(しゅよう)マーカー)を調べる方法があるが、金子教授によると、検出の確率は20%程度という。金子教授は「通常の血液検査と同じ方法で、がんが検出できる。がんの早期発見に大きく貢献できる」としている。

 遺伝子解析に詳しい「DNAチップ研究所」社長、松原謙一・大阪大名誉教授の話 がんで変化する血液中のRNAのバランスを突き止めた例は初めてだろう。臨床研究を進め、さらに検査能力の高さを実証できれば、簡便ながん検査を広める足がかりになる。【近藤希実】


記事の中にある情報だけだと、実際に応用するときに???ってところがあります。
どこでしょう?(笑)

答えは続きへ。

[PR] 台湾ワーキングホリデー

2009.11.20 Fri l ニュースから l コメント (0) トラックバック (0) l top
すごく便利なんですが、いろいろ問題あるんですね~。

<学術雑誌>ネット購読料高騰に悲鳴 3年で2.5倍
1月27日15時1分配信 毎日新聞

 科学や医療などの学術雑誌がネット上で閲覧できる「電子ジャーナル」の購読料が高騰を続け、各大学の図書館が悲鳴を上げている。国内の大学全体の購読料は04年度の約62億円が07年度には約155億円に急増。学術界で論文出稿が増加したことが主な要因で、各大学は、国公私立の壁を越えて、出版社側との値下げ交渉を模索している。

 電子ジャーナルは90年代後半から紙媒体に代わって一般的になり、出版社の持つ全雑誌や分野ごとに購読するパッケージ契約が普及した。購読料を支払って契約すればネット上で雑誌を読んだりダウンロードできる。

 購読料は高額だが、電子化の初期投資の回収後は、一冊当たりの経費が安上がりになるとみた各大学は、多くの雑誌が閲覧できるパッケージ契約を進めた。ある私立大図書館長は「研究者が成果を上げるには幅広い雑誌を閲覧できる環境が必要。パッケージ契約は雑誌ごとの購読より大幅な割引になり魅力的だった」と話す。

 学術雑誌は二重投稿が禁止され、各分野の研究は最新の成果を載せた雑誌を読むしかない。エルゼビア(オランダ)、シュプリンガー(ドイツ)など欧米の出版十数社で市場の9割を占めて価格競争が働きにくいうえ、アジアを中心とした学術論文の増加で出版社の論文審査の経費がかさみ、値上げが続いた。

 国の大学予算は削減されており、各大学は図書館資料費を削る傾向にある。国立大学図書館協会(国大図協)は02年度、一部の公私立大は03年度から、出版社に対して団体で価格交渉を始めた。しかし、多くの出版社は「論文は年約3%の割合で増えている」などと譲らず、交渉は値上げ幅を抑える効果しかない。

 文部科学省は04年度から購読料調査を行っている。同年度の国公私立大全体の購読料は61億9800万円(1校平均865万円)だったが、07年度は155億2600万円(同2064万円)に膨れた。国大図協の事務局でもある東京大は国内の大学では最高額の年間約10億円の購読料を支払っている。東大付属図書館事務部は「ずっと値上がりが続く現状の価格システムは破綻(はたん)する。公私立大と統一の交渉事務局を発足させ、研究環境の維持に努めたい」と話している。【井崎憲】


しかし…、
"アジアを中心とした学術論文の増加で出版社の論文審査の経費がかさみ、値上げが続いた。"
審査の経費って?

[PR] 台湾ワーキングホリデー

2010.01.27 Wed l ニュースから l コメント (2) トラックバック (0) l top
やりすぎでしょ(笑)。

パソコン、デジカメ購入か=大学院教授の不正経理-山口大
2月6日13時17分配信 時事通信

 山口大大学院理工学研究科の男性教授の研究費不正経理問題で、教授が2004年9月から昨年12月までの間に、ノートパソコン約170台やデジタルカメラ約100台を不正に購入していた疑いのあることが6日、同大への取材で分かった。
 不正経理額は約1億3000万円に上るといい、同大は8日にも詐欺容疑で山口地検に告訴する方針。


教室員が100人いれば使ってもいいかもしれませんが…^^;
今どき、こんな派手な使い方をするとは…。

[PR] 台湾ワーキングホリデー

2010.02.06 Sat l ニュースから l コメント (0) トラックバック (0) l top
カナダ、米国など4強=前回金のスウェーデン敗れる〔五輪・アイスホッケー〕
2月25日17時38分配信 時事通信

 アイスホッケーは24日、男子の準々決勝を行い、2大会ぶりの優勝を目指す地元のカナダのほか、米国、フィンランド、スロバキアが勝って26日の準決勝に進出した。準決勝では米国とフィンランド、カナダとスロバキアが対戦する。
 カナダは強豪ロシアに7-3で大勝。五輪で1980年以来の金メダルを狙う米国はスイスを2-0で退けた。前回優勝のスウェーデンはスロバキアに3-4で敗れ、前回2位のフィンランドはチェコに2-0で完封勝ちした。 


今日はオリエンテーションもなかったので、昼からテレビでオリンピックを観ていたら、
何と、カナダvs.ロシアをLiveで中継していたんですね。

途中にボブスレーやショートトラックの中継も挟まっていましたが。

いやぁ、久しぶりにちゃんとアイスホッケー観戦しました(笑)。
やっぱり面白いですね。

[PR] 台湾ワーキングホリデー

2010.02.25 Thu l ニュースから l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。