上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日、こんな記事を見かけました。

たばこの箱、ロゴ表示禁止へ=喫煙率低下政策で-豪政府
4月29日14時50分配信 時事通信

 【シドニー時事】オーストラリア政府は29日、たばこの箱にブランドのロゴを印刷したり着色したりすることを禁じる世界初の規制を導入すると発表した。個性的なパッケージを排除、商品としての魅力を打ち出せないようにする。喫煙率低下を促す政策の一環で、法制化した上で2012年7月から実施する。
 箱には、既に行われている喫煙による健康被害を警告する文言や肺がんなどに侵された病変部の写真が印刷される一方で、たばこのブランド名などは標準的な書体で小さく記載されるのみとなる。これに対し、たばこメーカーは、商標の価値を損なうなどと反発しており、訴訟に発展する可能性がある。
 政府は併せて、30日からたばこへの課税を25%引き上げることも発表した。30本入りで1箱2.16豪ドル(約186円)の実質値上げとなり、これにより、たばこ消費量が6%減り、喫煙者数も2~3%減少すると推定、増収分は病院予算などに充てると説明している。 


AustraliaではNational Tobacco Campaignという、
国をあげてのプロジェクトが行われていて、
喫煙率も、1990年代からずっと減少傾向が続いています。

こんな看板も出ていたりします。

DSCF3317.jpg

…ただ、街中には歩きたばこの人があふれていて、
本当に喫煙率がそんなに低いのか…とちょっと疑問に感じたりもしていますが^^;
たばこの価格を上げると、喫煙率が低下するというのは、
過去の研究でも明らかになっているようです。

この記事にあるように、ロゴを出さないことによる効果は謎ですが、
いずれにせよ、国として明確な姿勢を打ち出して、
それに沿った対策を行っている点は評価できると思います。

日本でもたばこの値上げが行われるようですが、
併せて環境も変えていくことが大切だと思います。

歩きたばこの話を書きましたが、
オーストラリアでは、屋内は完全に禁煙になっています。
日本は、抜け道が多くて優しい社会と言うか、
そのあたりがちょっと曖昧な部分が多いんですね、きっと。

段階的に行っていくことは大切だと思いますが、
最後の目的を見失わず、建物内禁煙、敷地内禁煙…といった、
エリアを明確にした禁煙を進めていくことは、
今後、日本での喫煙対策を進めていくうえでは大切だと思います。

日本における喫煙対策は、
ヘルスプロモーション(健康増進)における、
さまざまなセオリーに沿って考えても、
まだまだ入口に立った段階としか言えません。

こういったセオリーを含めて、
公衆衛生にかかわる人たちへの教育も必要になってくるでしょうね。
見習うべきところは、他の国を見習わないと。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー

2010.04.29 Thu l ニュースから l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://shoppingtrolley.blog112.fc2.com/tb.php/128-0d5abfb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。