上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
いよいよ始まりましたね。

子宮頸がん ワクチン、小6に初の集団接種…栃木・大田原
5月13日23時7分配信 毎日新聞

 栃木県大田原市で13日、小学校6年生の女子児童を対象に、子宮頸(けい)がん予防ワクチンの集団接種が始まった。1人当たり4万5000円の費用を市が全額負担する集団接種は、市などによると全国でも初めてという。来年度以降も続ける方針。

 市によると、市立小23校で来年1月までに、6年女子334人のうち希望者329人に接種する。福祉政策に力を入れており「女性の命を守ることは少子化問題の観点からも重要」として公費負担を決め1人3回分、計約3000万円を10年度予算で賄う。初日は金丸小の10人が接種を受け「がんになるのはいやなので、注射してよかった」「思ったより痛くなかった」と話したという。

 立ち会った自治医大の鈴木光明教授(産婦人科学)は「接種率を上げるには集団接種が有効で、学校での接種は素晴らしい」と話した。

 子宮頸がん予防には若年層へのワクチン接種が有効とされるが、3回で計5万円前後の費用がネックになっている。【柴田光二】


この記事に、もうひとつ加えていただきたいのは、
やはり、子宮頚がん検診受診の話です。
このワクチンだけでは、
やはり限定的な効果しかないと思います。

ちょっと調べてみたところ、
栃木県全体での子宮頚がん受診率は20%以下。
この大田原市はちょっと高くて、それでも30%ちょっと。

Australiaが何でもいいとは言いませんが、
こちらでの受診率は、2年に1回は受けている、という人が60%以上。
5年に1回以上…となると、80%を超えるようです。

ワクチンと言うと、免疫ができて病気にかからない…、
というイメージがあるかもしれませんが、
子宮頚がんに関しては、HPVワクチンで完全に予防できるわけではなく、
ハイリスクのウイルス感染を抑えることができる、
というレベルにとどまります。

ですから、2次予防である、
子宮がん検診の受診がかなり重要になってきます。

産婦人科のAuthorityの先生方にも、
こういう機会にどんどん宣伝してもらって、
そして、自治体もセットでしっかり伝えて行くべきでしょう。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー

2010.05.14 Fri l ニュースから l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://shoppingtrolley.blog112.fc2.com/tb.php/133-e2181d1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。