上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨日こんなニュースがありました。

<不同意堕胎容疑>栄養剤と欺き薬品点滴 交際の医師逮捕へ
5月18日10時0分配信 毎日新聞

 交際していた女性の同意を得ずに医薬品を点滴して胎児を流産させた疑いが強まったとして、警視庁捜査1課は、東京慈恵会医科大学付属病院(東京都港区)に勤務していた30代の医師について不同意堕胎容疑で18日に逮捕する方針を固めた。同容疑での強制捜査は極めて異例。捜査1課は医師の立場を利用した悪質性を考慮し、強制捜査が不可欠と判断したとみられる。【神澤龍二、山本太一、内橋寿明】

 捜査1課は18日に同大付属病院と金沢市内の医師の自宅など数カ所を家宅捜索する。

 捜査関係者によると医師は08年ごろ、妊娠3カ月で体調不良を訴えた交際中の女性に対して「良い栄養剤がある」などと持ち掛け、女性の自宅で子宮収縮剤を点滴し、胎児を流産させた疑いが持たれている。女性が「栄養剤を注入された後、体の調子がおかしくなって流産した」と警視庁に被害届を提出した。

 医師は09年8月まで同大付属病院の血液内科で勤務していたが、その後、金沢市内の大学病院に出向している。慈恵医大病院関係者は「勤務態度など特に問題はなかった」と話している。

 子宮収縮剤は陣痛促進剤としても使用され、出産予定日を過ぎても陣痛が来ない場合や、陣痛前に破水して母子に危険が及ぶと医師が判断した場合に使われる。女性の自宅に使いかけの子宮収縮剤の点滴パックが残されており、捜査1課は医師が栄養剤とだまして点滴した疑いが強いとみている。

 刑法215条では、女性の同意を得ず故意に堕胎させる行為を不同意堕胎罪とし、懲役6月以上7年以下の罰則を規定している。


今回は不同意堕胎罪となっていますが、212条では
「妊娠中の女子が薬物を用い、又はその他の方法により、
堕胎したときは、1年以下の懲役に処する。」
と堕胎罪が規定されていて、
堕胎した場合にはその女性本人が罪に問われます。

で、堕胎を依頼された医師は213条によって、
「医師、助産師、薬剤師又は医薬品販売業者が女子の嘱託を受け、
又はその承諾を得て堕胎させたときは、3月以上5年以下の懲役に処する。
よって女子を死傷させたときは、6月以上7年以下の懲役に処する。」
と、こちらも罪に問われてしまうわけです。

ただ、一般的には母体保護法によって、
事情のある人の人工妊娠中絶については両者罪に問われない、
…となっているわけですね。

ちなみに、216条では、
「前条の罪を犯し、よって女子を死傷させた者は、
傷害の罪と比較して、重い刑により処断する。」
となっていますが、今回はどうなるのでしょう?

そしてもう一つ。

<医師法違反>甲子園常連校から引っ張りだこ 実は…無免許で整体、容疑の女逮捕
5月19日8時7分配信 毎日新聞

 整体院で無免許治療し重傷を負わせたとして、千葉県警は18日、○○容疑者(52)を医師法違反と業務上過失傷害の疑いで逮捕した。県警環境犯罪課によると、○○容疑者は高校野球の甲子園常連校にも出張治療。評判が口コミで広がり、少なくとも10都府県45校の球児らが治療を受けたという。

 逮捕容疑は、08年11月~09年12月、同市芝山3の整体院で、医師免許がないのに電気治療器で4人を治療し、09年11月3日、船橋市の男性(74)の首に1カ月の低温やけどをさせたとしている。容疑を認めているという。同課によると、電気治療は15分程度が一般的だが、5~7時間続けることで効果を高めていたらしい。○○容疑者は、あんまマッサージ指圧師の資格も持っていなかった。94年ごろから始めたとみられる。【駒木智一】


診てもらっていた人たちは、
お医者さんだって思っていたのかどうなのか?
きっと、特に問題なく治療していたら、
きっと罪に問われる…というか、
誰も何も気にしなかったのかもしれませんね。

ちなみに、医師が治療によって人のからだを傷つけるのも、
傷害罪になるわけですが、
刑法では、35条で、
「法令又は正当な業務による行為は、罰しない。」
というように規定されていて、
罪に問われないわけです。

…こんなことを書いているのは、
僕が医師法とか、医療法とか、
そのあたりの講義をしていたからです(笑)。

法律知らないと、
お医者さんも大変なことになりますから、
気をつけましょう♪
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー

2010.05.19 Wed l ニュースから l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
いま、日本では・・・じゃなかった うちの講座・・・ じゃなかった・・・ うちの部屋では、このニュースで数日盛り上がっています。
で、お隣の部屋のAさんが来て、k先生は、この件に関してどういう意見を持ってるんだろうと話してたところ・・・。
なんとブログにアップされてるじゃないですか。
もっといろんな立場のご意見をお待ちしています!(笑)
2010.05.20 Thu l そのMさん. URL l 編集
Re: No title
Mさん

先ほどちょっとチャットで(笑)お話したのが、
Blogに書けない僕の見解です(爆)。
まぁでも、本当にいろいろなリスクマネージメントを、
医学生にも教えなければいけないかもしれませんね…。
2010.05.20 Thu l kohtas. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://shoppingtrolley.blog112.fc2.com/tb.php/135-880f20eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。