上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
講義も終わり、次のSemesterでの選択科目の説明会が開かれるなど、
そろそろ本格的な学期末になってきました。

さて、最近いろいろな人と話していて、
Master degreeの位置づけが、
学科によってちょっと違うのでは?という印象を持ったので、
少しメモしておくことにします。

一般的に、Master degreeというのは、理系の人を中心に、
PhD courseに進むための準備期間、という意味が大きいと思います。

日本では、理系を中心に修士課程まで進む人が多いと思いますが、
学部ではあまり学ぶことのできなかった、
実践的な研究、実験などを行い、
論文というかたちにすることを学ぶ目的が大きいはずです。

そのうち、大学での研究や教育に興味を持った人が、
PhD courseに進み、それ以外の人は、
研究職など、その経験を生かして就職しようと考えている、
…というのが僕の印象です。
(間違っていたら教えてください)

一方、僕のいるMaster of Public Health(MPH)という学位は…。
日本では、「専門職大学院」などと書かれていますが、
この学位がある意味、資格のようなものになっているわけです。

実際に、オーストラリアでは、
この学位を取れば、公衆衛生の仕事に就きやすい、
ということがあると思います。
アメリカなどでも、同様だと思いますし、
医療関係以外の職種の人が、
この分野で活躍できる理由の一つでしょう。

ですから、MPHの講義内容は、
研究というよりも、実践的な内容が多くなります。
そして、卒業後PhD courseに進む意味も、
あまり大きくないわけです。

しかし、日本ではMPHを持っているからと言って、
就職して活躍できる…という場所があまりありません。
いや、これから増えてきてほしいと思っていますが。

…というのも、
公衆衛生行政に携わっているのは、
厚労省の医系技官をはじめとする医師、
あるいは保健師、といった医療関係者と、
医療とは全く関係のないBackgroundを持った行政職の人で、
MPHを持った人が新たに入っていく隙間があまりないのです。
医療従事者が新たにMPHを取得しても、
就職といった意味では大きな差がないと思います。

日本も、厚労省や各自治体で、
MPH取得者を積極的に採用し、
いや、積極的というよりも、
公衆衛生行政に携わる人については必須にする、
といった感じになれば、
MPHという学位の意味も大きくなると思います。

もう一つの選択肢は、国際的な製薬会社などで、
臨床研究などを行う際に、
MPHで学んだ知識が役立つことが多く、
Thaiから来たClassmateは、Applyしていると言っていました。

ただいずれにせよ、日本ではまだまだMPHの認識も、
その学位の位置づけも曖昧だというのが現状でしょう。

…と考えてくると、
外国の大学院に進んだ場合、
そのあとの進路を事前にある程度、
考えておいた方がいいかもしれません。

やはりMPHなどの専門職大学院に来るのであれば、
その学位をどのように使って就職するのか?ということが大切でしょうし、
それ以外のMaster courseの場合には、
どこでPhDを取るのか、日本なのか海外なのか。
さらには、その後研究者としてのCareerをどこで積むのか、
つまり就職先はどこにしたいのか、
といったことが重要になってくると思います。

ただ、大きなAdvantageと思われるのは、
「英語」が使えるということです。
まだまだ日本では、このハードルは高いですし、
Master courseの1~2年間、
英語で勉強したということは、
その次に進むときには大きな武器になると思います。
特に、研究者は英語で論文を書かなければなりませんし、
そのスピードが、間違いなく日本にいるときより上がるはずです。

僕自身の印象からも、半年前に比べたら、
明らかに英語で文章を書くことに対する抵抗は減っていますし、
日本語で考えた内容を、英語で表現することも、
ある程度Smoothにできるようになっています。

チャンスはいろいろとあるはずですし、
できれば、留学の経験を日本の大学で、
研究者として生かしてもらいたいと思いますので、
僕の周りにいる皆さん(笑)、ぜひ頑張ってください。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー

2010.06.02 Wed l 学校のこと l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

No title
がんばります。
2010.06.02 Wed l montreal. URL l 編集
Re: No title
がんばってください。
2010.06.02 Wed l kohtas. URL l 編集
No title
私もがんばります。
2010.06.03 Thu l Nayomi. URL l 編集
Re: No title
頑張ってください。

…って、僕もまだ頑張らないと(笑)。
2010.06.03 Thu l kohtas. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://shoppingtrolley.blog112.fc2.com/tb.php/142-ec3c8a13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。