上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
正直に申告するということから、
すべてのリスクマネージメントは始まると思うわけです。

「ひもほどけた」勇気ある申告、ギネス申請せず
読売新聞 9月16日(木)9時53分配信

 「270人271脚」で50メートルを歩くのに生徒が成功したとしていた滋賀県長浜市立浅井中学校は15日、生徒1人の足首のひもがほどけていたため、世界新記録としてギネスブックに申請しないと発表した。

 この生徒は自分から申し出ており、徳永嘉之校長は「記録よりも正直に話してくれたことの方が大事。生徒の勇気を大切にしたい」と話している。

 同校では、生徒270人が11日の体育祭で足を結んで歩く新記録に挑戦。「261人」の記録を破った。同日、生徒は友だちに相談し、母親と一緒に「残り5メートルくらいでひもがほどけた。みんなに申し訳ない」と教諭に申し出た。

 同校は職員会議などで協議し、「ギネスに申請すれば事実をごまかすことになる。申し出た生徒の思いが無駄になる」と申請をやめることにした。

 全校生徒には15日、校内放送で「みんなの団結力を示す競技。正直に言ってきた生徒の声にも耳を傾けたいと思います」と説明した。


きっといっぱい練習もしてきたでしょうし、
みんな一生懸命だったと思うから、本当にプレッシャーがあったと思います。
でも、その生徒も一生懸命だったからこそ、申し出たんでしょうし、
その気持ちを大切にした先生たちの判断も素晴らしいですね。

しっかりした大人の判断が、子どもを正しい方向に導くでしょうし、
学校での教育とはこうあって欲しいと思いますね。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー

2010.09.16 Thu l ニュースから l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://shoppingtrolley.blog112.fc2.com/tb.php/184-88a83672
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。