上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
とりあえず、日々の生活ではあまり英語にも不自由しない…というか、
まぁ、上手に自分の英語力の範囲で生活しているのでしょうが(笑)、
どうしても壁を感じてしまうのが電話です。

今日はそのあたりをちょっと(笑)。

ちなみにこの写真は、先日語学学校のClassmateだったWarithと、
英語教育つながり…ということでFさんを紹介しつつ、
Farewell Lunchと、Cafeに行ってきたときの写真です。

DSCF6088.jpg

このCafeは、以前大学のCampos cafeで働いていたDinが、
自分たちで経営している?"Shenkin"というお店で、Newtownの近くにあります。

DSCF6095.jpg
DSCF6093.jpg

帰国までにもう一度くらい、お昼でも食べに行ってみたいですね。
さてさて、本題に戻りますが(笑)、
先日の電話の解約に続き、ガスの解約で躓きました^^;
以前の記事で、僕が契約していると思っていたガス会社(AGL)は、
昨年の10月時点で、完全に契約していたわけではないようでした。、
(このあたり、100ドルで接続を依頼したので詳細が不明なのですが…)

そこに電話して解約してくれ!!と頼んだのですが、
そりゃ、そもそも契約が成立していないんだから無茶なお客さんですよね。
なんか、オペレーターのお兄さんと、
会話がいまいち噛みあわないな…と思っていたのですが^^;

で、Web上の問い合わせフォームなどを使って確認したところ、
そもそも契約が存在していなかったということが明らかになり、
(ただ、Account numberを知らせる書類とかは届いていたのですが)
いろいろと英語の下手な日本人が迷惑をかけたのですが、
こちらの会社については一件落着…ということになりました。

そして、やはり電気と同じ会社(Energy Australia)に問い合わせるべき…と考えて、
(Warinに、「そっちに電話しなさい!!」と言われたので^^;)
またもや怖々(笑)、Customer serviceにかけてみました。

すると、電気の解約と同時に、ガスも解約できている…とあっさり言われ(笑)、
何をそんなにいろいろ悩んでいたんだろう…という気分です^^;

まぁ、冷静に考えればそこまで電話を恐れる必要もなく、
…というのも、
WarinやChristineといったClassmateとは電話で普通に話していますし、
不動産屋さんとも、これまた特に困ることもなく普通に電話しているわけです。

ただ、やっぱりCustomer serviceは、
ちょっと早口ですし、わからないことを問い合わせるわけで、
相手が言っていることを予測するのもちょっと難しいのでしょう。

このあたりをしっかり乗り越えられれば、
英語圏での生活も、もう少し楽しめるのかもしれませんが…。

あと2週間ではちょっと難しい…いや、絶対に無理だと思いますが(笑)、
一つ一つ、引っ越しにかかわることをクリアして、
少しでも自信をつけて帰りたい、と思っています。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー

2010.12.09 Thu l シドニー生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://shoppingtrolley.blog112.fc2.com/tb.php/223-b7552a92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。