上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
暖房、照明が効果大=「ピークずらして家事を」―家庭の節電ポイント
時事通信 3月21日(月)14時39分配信

 東日本大震災の影響で、関東地方で実施されている計画停電。信号が消えた交差点での事故や、通電時のショートによる火災など、停電が原因とみられる事故も起きている。節電によって需要が供給を常に下回れば計画停電は必要ないが、電気はためられない。夜間だけネオンを消しても昼間の使用には回せず、一日を通じた節電が必要だ。家庭でできる節電のポイントは―。
 電気事業連合会によると、家庭の電力需要は全体の約4割に上る。資源エネルギー庁の資料では、エアコンなどの暖房がそのうち約25%、冷蔵庫と照明器具がともに約16%で、この三つで5割以上を占める。
 同庁省エネルギー対策課によると、エアコンの設定温度を1度下げれば10%の節電、冷蔵庫も設定を強から中にすれば11%消費電力を減らせる。照明も、消してまた点灯させるまでの間隔が1分しかなくても、こまめに消す方が省エネになる。
 担当者は「冷蔵庫は切れなくても、厚着をして暖房を消したり、蛍光灯を1本外すといった対応も望みたい」と切実だ。
 また、電力需要のピークを意識することも大切だ。消費電力は通勤や家事、暖房使用などが集中する平日の午前8~11時と午後6~9時に最大になる。この時間帯に電力が不足すれば、大規模停電の恐れもある。
 オーブントースターや掃除機、洗濯乾燥機などは、使用時間が短くても消費電力は大きい。同課によると、休日にまとめて家事を済ませたり、使用時間を日中にずらすことで停電のリスクを減らせるという。
 同課は「企業に対しても同様の対応を要請している。利用者全体の工夫と小さな努力をお願いしたい」と話している。


僕はどのくらい実践できているのだろうか…?
エアコンなどの暖房:朝と夜、合わせても1時間未満
冷蔵庫:一応使っていますが、ほとんど中身がないので(笑)中でおっけーです
照明:今いる部屋しかほとんどつけません

まぁ、一人暮らしなんてそんなものですよね。
朝8時前には出勤して、帰ってくるのが22時過ぎだったりすれば…。

当然、電力需要のピークとは完全にずれた生活リズムになっていますし。

唯一洗濯乾燥機はいっぱい電気を使ってそうですが、
夜中か、休日に使っているので、まぁこれもおっけーか。

あとは、職場で節電・・・ということで、
日中はブラインドを開けて、まぶしい南側をむいて仕事しています(笑)。

…やっぱり怖いのは夏…。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー

2011.03.21 Mon l ニュースから l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://shoppingtrolley.blog112.fc2.com/tb.php/269-c009b2fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。