上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日、こんなニュースを見つけました。

<消化器がん>少量の血液で9割検出 金沢大グループ開発
11月20日5時0分配信 毎日新聞

 少量の血液から遺伝子群の変化を調べ、従来より極めて高い確率で消化器がんを診断できる方法を、金沢大の金子周一教授(消化器内科)らのグループが開発、19日に発表した。血液を用いた従来の方法ではがんを検出する確率は20%程度だが、9割にまで上げることができ、人間ドックや健康診断に導入すれば早期発見につながる。同大学は既に特許を出願しており、来年には検診に応用したいとしている。

 金子教授らは、胃、大腸、膵臓(すいぞう)の消化器がんの患者約50人の血液を解析。一定の遺伝子群に、働きが活発になるなど変化が見られることを突き止めた。この遺伝子群に着目し、別の消化器がん患者53人の血液を検査したところ、9割にあたる48人の遺伝子群が同様のパターンを示していた。検診で応用する際には、約800種類の遺伝子群に的を絞り、血液のRNA(リボ核酸)に蛍光試薬を加えて反応のパターンを調べる。必要な血液は2・5CCで済み、結果は3、4日で出せる。

 血液を用いたがん検査は従来、がんの発生で出現する物質(腫瘍(しゅよう)マーカー)を調べる方法があるが、金子教授によると、検出の確率は20%程度という。金子教授は「通常の血液検査と同じ方法で、がんが検出できる。がんの早期発見に大きく貢献できる」としている。

 遺伝子解析に詳しい「DNAチップ研究所」社長、松原謙一・大阪大名誉教授の話 がんで変化する血液中のRNAのバランスを突き止めた例は初めてだろう。臨床研究を進め、さらに検査能力の高さを実証できれば、簡便ながん検査を広める足がかりになる。【近藤希実】


記事の中にある情報だけだと、実際に応用するときに???ってところがあります。
どこでしょう?(笑)

答えは続きへ。
あくまでも、記事の内容だけから見た、
個人的な見解ですのでご了承を。

患者さんの9割で見つかった、というのは、感度Sensitivityが90%だった、ということです。
でも、患者さんでない人でどの程度、この検査で陽性となる人がいるのかがわかりません。

簡単にいえば、患者さんでない人50人の中でも40人くらい陽性になってしまうと、
その場合特異度Specificityは20%ととっても低くなり、スクリーニングツールとしては使えません。
つまり検診では使えなくなってしまうわけです。

一方で、患者さんが社会全体に10%程度いたとすると、
患者さん以外の人は500人いるわけです。
もし特異度も90%程度とかなり精度のいい検査だとしても、
陽性反応を示した人のうち、半分以上は患者じゃないことになります。
これは陽性反応的中度が50%未満になるということです。

つまり陽性と結果が出ても、
そのうち半分の人は精密検査で問題なしとなるわけです。

個人的には、このあたりの情報までないと、
検診として使えるかどうかは???って気もします。
この記事の情報だけだと、
果たして検診として使えるだけのFeasibilityがあるのかどうか、
全くわからないわけですね。

Case(患者さん)だけを見て、その人たちがいる社会全体を見ないと、
研究結果の社会還元が難しいこともいっぱいあります。

そこをしっかり自覚しておかないと。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー

2009.11.20 Fri l ニュースから l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://shoppingtrolley.blog112.fc2.com/tb.php/27-fa2d2038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。