上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
4月になったら、
Sydney Uniの電子ジャーナルが使えなくなりました(涙)。

ここのところ、とくに探す文献もないのに(笑)、
Sydney Uniの電子ジャーナルやデータベースのページに、
たびたびログインしていたのですが、
先ほどログインしようとしたらできませんでした…。

ただ、MyUniという成績を見たりする個人用のサイトや、
大学で使っていたWebmailには、まだログインできますし、
このあたりについては、しばらく使えそうです。
(…とはいえ、必要性はかなり低いと思われますが^^;)

しかし、電子ジャーナルが使えなくなったのはかなり痛いのです。

…というのも…。
大部分の地方国公立大学というのは、
必死に経費を削ろうとしていて、電子ジャーナルというのも、
その削減対象によくなっているのです。

旧帝大などの図書館だと、学生数も多いですし、
契約していてもそれなりに元を取れる?という部分もあるのでしょうが、
元単科大学だったりすると、欲しい文献をダウンロードできないなんてことは、
それこそ日常茶飯事だったりします(涙)。

そんなとき、僕はSydney Uniの電子ジャーナルを活用していたのです。

今後残された方法は、5月の卒業式に行くときに、
図書館に行って、年間80ドルくらいを支払って、
卒業生としてのアカウントをもらうというものです。

ただし、全てのデータベースを使えるわけではないそうで、
どの程度使えるのかは、ちょっと使ってみないとわかりません。

それでも今の職場の電子ジャーナルよりはかなり使えそう…かな?(笑)

そんなわけで、研究者を目指して留学しようとしている皆さん、
大きな大学に行ったほうが、卒業してからもメリットがいろいろあるかもしれません。

ある大学の卒業生が作った統計パッケージのライセンス料なども、
同窓生なら格安だったり、無料だったりする…という話を聞いたこともありますし。

…とはいえ、それだけで選ぶと当然後悔することもあるでしょうし、
あくまでも、1つのFactorということです。

ただ、留学先の大学を決めるときには、同窓会のページなどを見てみるのも、
ちょっと面白いかもしれませんね。

久しぶりに留学ネタをアップしてみました(笑)。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー

2011.04.03 Sun l 学校のこと l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://shoppingtrolley.blog112.fc2.com/tb.php/274-fd09add0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。