上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
すごく便利なんですが、いろいろ問題あるんですね~。

<学術雑誌>ネット購読料高騰に悲鳴 3年で2.5倍
1月27日15時1分配信 毎日新聞

 科学や医療などの学術雑誌がネット上で閲覧できる「電子ジャーナル」の購読料が高騰を続け、各大学の図書館が悲鳴を上げている。国内の大学全体の購読料は04年度の約62億円が07年度には約155億円に急増。学術界で論文出稿が増加したことが主な要因で、各大学は、国公私立の壁を越えて、出版社側との値下げ交渉を模索している。

 電子ジャーナルは90年代後半から紙媒体に代わって一般的になり、出版社の持つ全雑誌や分野ごとに購読するパッケージ契約が普及した。購読料を支払って契約すればネット上で雑誌を読んだりダウンロードできる。

 購読料は高額だが、電子化の初期投資の回収後は、一冊当たりの経費が安上がりになるとみた各大学は、多くの雑誌が閲覧できるパッケージ契約を進めた。ある私立大図書館長は「研究者が成果を上げるには幅広い雑誌を閲覧できる環境が必要。パッケージ契約は雑誌ごとの購読より大幅な割引になり魅力的だった」と話す。

 学術雑誌は二重投稿が禁止され、各分野の研究は最新の成果を載せた雑誌を読むしかない。エルゼビア(オランダ)、シュプリンガー(ドイツ)など欧米の出版十数社で市場の9割を占めて価格競争が働きにくいうえ、アジアを中心とした学術論文の増加で出版社の論文審査の経費がかさみ、値上げが続いた。

 国の大学予算は削減されており、各大学は図書館資料費を削る傾向にある。国立大学図書館協会(国大図協)は02年度、一部の公私立大は03年度から、出版社に対して団体で価格交渉を始めた。しかし、多くの出版社は「論文は年約3%の割合で増えている」などと譲らず、交渉は値上げ幅を抑える効果しかない。

 文部科学省は04年度から購読料調査を行っている。同年度の国公私立大全体の購読料は61億9800万円(1校平均865万円)だったが、07年度は155億2600万円(同2064万円)に膨れた。国大図協の事務局でもある東京大は国内の大学では最高額の年間約10億円の購読料を支払っている。東大付属図書館事務部は「ずっと値上がりが続く現状の価格システムは破綻(はたん)する。公私立大と統一の交渉事務局を発足させ、研究環境の維持に努めたい」と話している。【井崎憲】


しかし…、
"アジアを中心とした学術論文の増加で出版社の論文審査の経費がかさみ、値上げが続いた。"
審査の経費って?
今、ほとんどのJournalは、
OnlineでApplyすることになっています。

つまり、ここでの経費はほとんどかからないはずです。

じゃ、査読ってお金かかるんだね~って、
この記事からはそんな風に読めてしまうんですが、
査読している人のところには一銭も入りません。
ボランティアです。

…そうじゃないケースもあるんですか?(笑)

少なくとも、僕が過去に何本か行った査読については、
完全にボランティアでした。

あともう一つ。
投稿数が増えていても、論文のレベルが高くなければ、
すぐにRejectされてしまうので手間もそんなにかからないはずです。

まぁ、事務手続きにかかる費用は確かにかさむと思いますが、
全体的に足元見られているとしか思えないんですが。

すごく微妙だと思うんですが、
Journalの背後には学会があって、
その学会の構成員は、だいたい大学の先生だったりするわけです。
で、出版社に学会が学会誌の発行を依頼しているわけですね。

学会と大学が上手に出版社と交渉すれば、
あまり価格を上げられることもないような気もしますが…。

いずれにせよ、研究者にとっては、
電子ジャーナルがなくなったりするととても面倒ですし、
(いちいちAuthorに連絡して、Reprintを送ってもらわなければならなくなります)
価格維持のために、しっかり交渉してもらたいところです。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー

2010.01.27 Wed l ニュースから l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
サーバーのメンテ料が高騰、なんてことはないんですかね?
kohtasさんはじめ研究者の方々がボランティアで審査をやっているのに、「論文審査の経費がかさみ」だなんて、なんだか変ですね。
2010.01.28 Thu l N. URL l 編集
Re: No title
Nさん、おつかれさまです。

いろいろ原因はあると思うんですけどね。

ま、僕も査読したらいくらかもらえるんだろう…、
って昔は思っていましたから、
記事を書いた人もそんな感覚なのかもしれませんが(笑)。

電子ジャーナル使えなくなると、仕事にならなくなるし、
ここだけはどうにか死守していただきたいんですが…。
2010.01.28 Thu l kohtas. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://shoppingtrolley.blog112.fc2.com/tb.php/71-1cda77c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。