上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR] 台湾ワーキングホリデー

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
やりすぎでしょ(笑)。

パソコン、デジカメ購入か=大学院教授の不正経理-山口大
2月6日13時17分配信 時事通信

 山口大大学院理工学研究科の男性教授の研究費不正経理問題で、教授が2004年9月から昨年12月までの間に、ノートパソコン約170台やデジタルカメラ約100台を不正に購入していた疑いのあることが6日、同大への取材で分かった。
 不正経理額は約1億3000万円に上るといい、同大は8日にも詐欺容疑で山口地検に告訴する方針。


教室員が100人いれば使ってもいいかもしれませんが…^^;
今どき、こんな派手な使い方をするとは…。
ただ、この人が私的に流用したとかそのあたりはともかく、
日本の研究費って難しいんですよね。

まずは年度区切りになっていること。
そして初年度は、4月から始めることになっているのに、
採択されるのが4月以降だったりして。

先立つものがないのに、
どうやって計画通り始めろっていうんだ(笑)。

で、この記事の先生の場合、
1億3000万円もの研究費をもらっていたわけですから、
本来であれば、それを全額使うだけの、
大きなプロジェクトだったはずです。

そうなると、年度区切りというよりは、
もう少し長い期間をかけて予算を組まないと、
効率よくお金を使うことができなくなると思います。

使い切らなければ返還しなければならないので、
結局、頑張って単価の高いPCやらデジカメやら買っちゃったんでしょう。

アメリカあたりでは、研究費からその先生のSalaryを払っても良かったり、
そんな話を聞いたりもします。

道路を直すのも、研究するのも、
同じような考え方で予算を立てて使わなければならないのは、
ちょっと不思議なんですけどね~。
スポンサーサイト

[PR] 台湾ワーキングホリデー

2010.02.06 Sat l ニュースから l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://shoppingtrolley.blog112.fc2.com/tb.php/76-5c44858b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。